正解のあるなし

ジャイアンツが負け。

高橋由伸は去った。
最後の試合に。
中4日で菅野登板もせず。

素晴らしい采配だと思いました。
一つ勝ったところで1勝3敗。
あとがない。
それよりもし菅野以外で1勝すれば。
万全の菅野で2勝3敗に出来る。

目先の勝利を追わない姿勢は。
選手にとってありがたい。
よって若手が伸びている。
あと1年高橋監督なら優勝も狙えたかも。

良かったです、辞めてもらって…。

まぁ次も原監督なので油断は出来んが。
フロントが外からいろいろ獲得して。
選手のモチベーションを下げていただければと思います。

しかし采配というのは。
正解がないものだよね。
確率なのか感なのか。
思わぬトラブルや幸運もあるし。
そうなると感覚が大事だよね。

正解といえば。
バンドについて思ったこと。

バンドというものはざっと二つに分けて。
コピーバンドとオリジナルバンドがあり。
その二つはバンドという言葉の同音異義語。

コピーが求めるのはオリジナル。
つまり正解はオリジナル。

オリジナルは正解がない。
どんなアレンジ、展開にしても100%の合意は得られない。
逆に言えばどんなに「えっ?」というアレンジでにしても。
ごく少数の意見は最高となる。

そしてオリジナルは進化する。
数年後にふっとアレンジが思いつくこともある。
確定がない。

だからコピーバンドがオリジナルを超えることはない。
ただコピーする側も超えようとは思ってないはず。
近くに行ければ幸せなのではないか。

オリジナルをやる人達は強欲なので。
近くに行くだけでは満足しない。
オリジナルを超えるには。
オリジナルになるしかない。

画像

遠藤もこんな笑顔するんだね。
もうちょい増やしてもいいんでないかい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • Mロシモフ

     おつかれです      その道の 鬼  達人 書かせて頂き やはり エリート中のエリート 金メダリスト村田選手 モロかったですネ。 次は!最高ミドルと破格の対戦などと騒がれて! タダ、ツッ立って居て 右だけ狙っていたんじゃ挑戦者3位好きなように狙い撃ち。やっぱ その! 炎の男 Jミドル級輪島功一の様に体を左右に動かさねばだめですね、、< 屈伸しての蛙飛びはいりませんが笑>  そ 総師 しかし大昔の ド根性  執念 駅伝の女性ランナー  骨折しているのに  そこまで ナゼ。 賛否両論ありますね<係委員のジジイ もう少しと言い! 喜んで? ハッパ掛けていたがもし自分の 娘だったらそう のん気にしていますかネ、、>。  前回の話じゃ 有りませんが  相撲部屋から竹刀 ゲンコツ ドナリ声消えて ニコニコ笑顔で 無理しないでネ の部屋<式秀?はじめ> が多くなった みたいで、、あのアランドロン?元霧島もドナリ付けられずTVで 弱ってますネ。  職人 名人 力士 は もう 出ませんね!!       かえって 女性ランナーのほうが たくましい。   しつれい
    2018年10月22日 20:15
  • 総帥

    ロシモフさま。

    あの駅伝は酷いですよ。
    走れなくなった時点で保護すべき。
    だから駅伝は嫌いなんだよ、タスキの方が選手より大事なんだもんね。
    2018年10月23日 05:27