レコード会社という泥船

相撲の場所以外。 このブログは静かなものです。 だから好きなように書けるとも言える。 今日のお客さんから洗濯洗剤をいただいた。 銀行からもらったということだが。 「銀行はケチだ!!」と。 銀行は大変でしょう、と返す。 銀行の役割が小さくなって、というか必要なくなってきつつある。 これも時代。 音楽で言うとレコード会社だね。 ソフトを個々のアーティストで管理する時代が来つつある。 日本のアーティストの多くのPVは曲が途中で終わる。 あれはなんだ? 全部流すと曲を買わなくなるという恐れか? 逆効果じゃないかね? イラっとするし。 ヨーロッパってバンドなんて新作出たら全てユーチューブにアップしたよ。 ユーチューブからお金を得ればいいだけなのでは? それもアーティスト側が曲の権利を持ってなければ難しいが。 メジャーデヴューとか言って。 レコード会社に囲われるほうが怖い。 共に泥船に乗るようなもの。 息の長い活動を保証するほど体力もないし。 ヴィジョンさえ浮かばないだろう。 かくいう私もモアイレコードという音楽業界の末座にいますが。 全くヴィジョンは浮かびません。 ただ時代の節目は感じるし。 CD制作しCDショップの棚に並んだアーティストが繰り広げてた戦いの土俵が。 とてつもなく広く深くなったことは確か。 そしてその勢いが止まることはないでしょう。 配信によって音楽の世界は一つになった。 いや、なってしまった、でしょうか。…

続きを読む