クリナイあれこれ CDショップ編

1999年といえば。

宇多田ヒカルが登場し。
お化けヒットを記録した年であります。
CD売上は天井知らず。

そんな時登場した。
どマイナーなクリナイファースト。
問屋さんとも契約し。

目黒のサードステージ。
新宿のディスクヘブン。
神戸のブルーベルレコード。
札幌のロックス。
などにも直接出向き。
委託販売してもらいました。
旅行ついでに営業的な。

が。
今これらのお店は全て閉店してます。
時代ですかねぇ、寂しい。

今も頑張って首都圏中心に展開してる。
ディスクユニオン各店舗。
クリナイ発売後に見に行くと。
平積みしてありましたね、どこの店舗でも。
画像

その時は。
なんだ!めっちゃ余ってんじゃん!
と思ってたけど。
今考えたら。
わけのわからない赤いジャケットを。
大量に仕入れて販売する、その心意気。
あっぱれ!!
と同時に感謝しなければ。

今は売れるものしか仕入れない。
わけのわからない、でも何か気になる好きマニアには。
ちと寂しいような。

でもやっぱ、売れなきゃダメなんです。
売れるというか受け入れられるもの。
聞いて納得、満足してくれるもの。

考えて作らなきゃダメなんだろうね。
自分が何を求められてるか考え。
その求めに応えることが必要なのです。

完璧な曲は作れない。
70点でいいんですよ。
あと30点は聞いてくれた人の思い入れで。
72点にも98点にもなる。

一品で満足するより。
なかなか旨いがいくつかある。
街の定食屋さんが。
モアイレコードの進む道でしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント