越後最強王座決定戦、準々決勝

残すところ。 あと3回。 上越で開催される。 名勝負数え唄のことです。 http://msv.moairecord.com/ 今回も。 越後の守護神、STEELDRIVER。 上越の爆撃王、BIRTHMARK。 そして今回はついに。 王者、ROCK'N ROLL SUISIDEが。 参戦!! 眠れる獅子、THE JUGGLERも。 上越の威信をかけ。 15年ぶりに復活! 中越も忘れちゃ困ると。 女番長ユキ率いる。 EvilCryが初参戦。 そして新鋭。 正統派メタルバンド。 LateBloomingが。 下剋上を制するか!? という。 6バンド、6勝負。 の共演、共闘。 ユキさんの。 女番長というキャッチは。 失礼な気がするが。 ぴったりという気もする。 今回は。 メタル色が強いですね。 そして。 全部オリジナルバンド!! おー!! 9月24日まで。 待てない…。 表紙は。 ミスター上越鋼鉄。 許可取ってないので。 使うかわかんない。

続きを読む

嵐の使者

イングランドが。 EUを離脱するのか…。 時計の針が。 戻り始めたなぁ。 バタフライエフェクト。 対岸の火事ではない。 これは世界中に。 嵐がやって来ますな。 長期的に考えれば。 大きな船に乗ってた方が。 安定するとおもうがね。 リッチーのレインボーが。 復活したが。 偉大な英国に戻る道は。 閉ざされました。 しかし。 毎度のことながら。 良いヴォーカル。 見つけてくるよね。

続きを読む

7年後

2009年6月13日。 あれから7年。 今は。 豪君が。 チャンピオン。 一度は。 方舟から脱したが。 今また王者として。 君臨している。 三沢さんが。 描いていた世界に。 近いのではないかね。 月日が過ぎるのは早い。 あっという間に。 三沢さんの年を越え。 馬場さんが見えてきたもんね。 しかし。 三沢さんの写真の横に。 新日のでっかい文字。 もうちょっと配慮しないもんかねぇ。 恒例。 2009年6月13日の映像。 毎年しつこく流します。

続きを読む

ノスタルジア

数年ぶりに。 昔メタソルで。 共に戦った。 男性ヴォーカルに会った。 当時の風景も。 おぼろげながら。 思い出しながら。 語り合ったが。 そういえば。 男の歌い手って。 減ったよね。 なんでだろ? 楽器隊は。 続いている人が多いが。 前は。 女性ヴォーカルが。 少なかったので。 バンド紹介文に。 わざわざ。 「女性ヴォーカル」 と書いたこともあったが。 男性ヴォーカル50代。 とか書く時代になるのだろうか…。 まぁ。 年は余計か。

続きを読む

ゲゲゲのゲン

普通の人たち。 スティールドライバーの。 久しぶりの。 メンバーショット。 日曜の。 レコーディングの後ね。 ちなみに。 私ゃ。 下駄で来ました。 マラソンの後遺症が。 まだね。 下駄は気持ちいいよ。 日本の心ですね。 夏場は。 近所のコンビニとか。 下駄で行くが。 だいたい引かれるね。 ニッポンジンデスカー!?

続きを読む

LAST LIVE

横浜の戦友。 エージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるというので。 シリーズその7。 とりあえず。 7番勝負の最終回にしましょう。 コールドストーム。 ラストライブ。 1996年10月27日。 というと。 20年くらい前か。 4年間同じメンツで。 活動してきましたが。 ドラマーが故郷に帰る。 ということで。 解散ということになりました。 実際ドラマーが。 帰っていくのは。 半年くらい後で。 すぐに帰ると思った俺が。 解散への道筋を。 作ってしまったのだ。 解散ライブの打上げで。 ドラマーが泣きながら。 まだ解散したくない…。 故郷に帰ってからも。 あいつ(俺)は思い込みが激しすぎる。 とぼやてたらしいが。 後の祭り。 アフターパーティですよ。 俺がMCで。 4年は長いね~。 って軽く言ってるのとは。 対照的ですな。 しかしこう見ると。 コールドストームって。 いいバンドだよね。 テクニシャンが揃った楽器隊に。 かっこいいフロントマン。 メタル、ポップス、ジャズ、プログレ。 ボーダーレスな音楽性。 そこがある意味。 中途半端ではあるが。 何より。 ドラムの音がいいね。 スコーンって抜けるような。 スネアの音。 観客として。 こんなバンド観たいね。

続きを読む

ジャッカルの牙

横浜の戦友。 エージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるというので。 シリーズその6。 ゴールデンウィーク。 真っ只中。 このブログを見てる人を。 愛しています。 コンセプトライブの。 スティールドライバー。 ジャッカルの牙。 2006年長岡上演。 かいつまんで。 お話しますと。 仲良しだった少年と犬。 だが少年は悪の組織に連れていかれ。 犬は山に捨てられた。 少年は悪の総帥ハンターになり。 犬は山の王ジャッカルになった。 ハンターは越後の守護神と。 戦い、負けたが生き残った。 そして悪魔の力を借り。 より強力な肉体を手に入れ。 怪物になった。 ジャッカルはハンターの心を。 取り戻すため旅に出た。 そして越後の守護神。 スティールドライバーと。 意気投合し(?) 共にハンターを探す事になる。 ハンターは。 ロックパレスという城にいた。 ジャッカルはハンターの目を覚まそうと。 努力したが無駄とわかると。 戦うことを決意する。 そしてスティールドライバーとジャッカル組対。 ハンター率いる悪の組織の。 壮絶な戦いが始まるのであった。 戦いのシーンは。 上映中の。 スーパーマン v バットマンを。 ご参考ください。 そんな感じで。 壮絶な戦いの末。 ジャッカルとハンターは。 ロックパレスの最上階から。 共に落ちた。 ハンターは。 自ら下敷きになり。 ジャッ…

続きを読む

義太夫

新聞に。 義太夫のことが。 載ってた。 グレートの方でなく。 人形浄瑠璃で。 物語を語るというか。 歌う人のことです。 ちかえもんで。 北村有起哉さんが。 演じてた竹本義太夫から。 道は始まったらしい。 その演奏法(唱法)の。 基本は。 聞き手の魂を昂らせること。 だそうです。 今の世なら。 メタル、ハードロックに。 通じる部分ありますね。 というわけで。 横浜の戦友。 エージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるというので。 シリーズその5。 個人的には。 これがスティールの。 ベストバウト。 かな? 次のアルバムは。 メタル義太夫バージョンで。 臨みたいと思います。

続きを読む

忘却の彼方

横浜の戦友。 エージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるというの。 シリーズその4。 2009年3月1日の。 新潟ロッツでの。 クリナイのライブです。 実はこの映像。 今回初めて見た。 メタソルロッツ30全部。 って書いてあるので。 画像かなんかかと思ってた。 俺の字じゃ。 ないんだよね。 試しにパソに入れたら。 タイトル通り。 全バンドの映像が。 入ってますね。 ビックリした。 誰が撮ったのか。 まったく記憶にない。 上の方にある。 固定カメラのようで。 バンドによっては。 ドアップになったりするが。 右隅にいると。 ほとんど映ってない。 映像的には貴重ですな。 220人の動員という。 メタソル記録の日でもあります。 クリナイの演奏で言うと。 やはり飯田さんだな。 オープニングのイントロが。 やたら長いし。 相当ごまかしてるな。 動きは元気だ。 そういえば家族全員。 観に来てたもんね。 そうか。 はしゃいでるのか。 この間の。 名勝負で使った。 画像は。 この日の画像ですね。

続きを読む

くまそ

アテルイの。 オーダーが来た。 意外だったが。 この間もあったね、そういえば。 問屋さんの発注先は。 実店舗が主なのだが。 わざわざお店に行って。 アテルイ注文するのかね? アマゾンで。 簡単に買えるんだけど。 う~んこれは。 海外だな。 ロシアだな。 と妄想する。 アテルイと言えば。 エミシの長だが。 今地震で苦しんでいる。 熊本地方も。 くまそってネイティブな人たちが。 いたんだよね。 熊襲って書く。 クマを襲うって。 勇ましい部族だったのだろう。 我々は。 常に地獄を味わい。 そこから。 這い上がってきたはず。 というわけで。 横浜の戦友。 エージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるというので。 シリーズ3。 クリナイのフルライブ。 運命の2009年6月13日。 1時間くらいあるけど。 57分18秒~だけ。 見た方がいいかも。 しかし。 飯田さんて。 小学生時代の通学路で。 怪しい笛を売っていた。 オジサン的な雰囲気を。 持ってますなぁ。 良いです。

続きを読む

炎の勇者

横浜の戦友。 エージ君が。 毎日。 僕の映像を。 見ているというので。 シリーズ2。 2008年の。 メタソル26での。 メタルセッションモアイ塾から。 クイーンズライクの。 Take hold of the flame. モアイ塾というのは。 hpでやりたい曲を載せて。 仲間を募って。 メンバーが集まったら。 ステージに立てるという。 趣旨の企画です。 この日は他に。 PARANOID / BLACK SABBATH Kill The King / RAINBOW I Want Out / HALLOWEEN などが。 色んな顔ぶれで。 演奏されました。 上越の。 名勝負でも。 ペインキラー。 やりましたね。 ちゃんとメンバーが。 覚えてくるか? 当日まで メンバーを信じるしかない。 恐ろしい企画です。 だいたい選曲が。 セッション的でないよ。 自分で。 選んだものだけどね…。 一発にしては。 良いパフォーマンスだと。 メンバーを誇りたいです。

続きを読む

STEELDRIVER LIVE 216/3/26

アルバム発売前に。 あんまり。 ネタばらしは。 したくないのだが。 僕の戦友の。 横浜のエージ君が。 僕の映像を。 毎日見てるらしいので。 最新映像。 しかもフルライブを。 お届けしましょう。 2016年3月26日(土) 名勝負数え唄その7。 上越BiSでのライブです。 ちなみに。 セットリスト。 入場曲:ECLIPSE 1 1曲目:Immortal sin 2曲目:Way of the shadow 3曲目:The last of the Dragon 4曲目:Freedom star 5曲目:The rainbow will never die まだ。 歌詞が未完成の。 部分もあるが。 あとはアルバムを。 じっくりと。 聞いてほしいですね。 アルバムには。 あと数曲入ります。 バラードや。 スピードナンバー。 水増し用にインスト。 などなど。 フリーダムスターこと。 スター伊藤。

続きを読む

ないでしょ

来場所は。 綱取り? なんでや? まぁ確かに。 白鵬に次ぐ。 実力者である。 可能性はあるけど。 九重さんが。 言ってたように。 まだまだ。 相撲内容。 稽古内容ともに。 改善の余地ある。 連覇するくらいの。 力が無いと。 金星配給係に。 なってしまうよ。 だいいち。 そんな話聞いたら。 5月までもたないよ…。 我らが…。

続きを読む

カオスの未来

土曜に行われました。 名勝負数え唄その7。 ご来場いただきました。 お客さま。 お店のスタッフの皆様。 参加バンドの皆様。 お疲れ様。 そして。 ありがとうございました。 今回は。 過去最高のバンド数。 過去最高の動員数。 しかも客層が厚い。 地層で言ったら。 白亜紀くらいまで。 遡るくらいの。 分厚い客層でしたね。 老若男女。 人種もさまざま。 生まれた場所も。 育った環境も。 全く違う人たちが。 上越のあの一角に。 揃ったことは。 感無量ですなぁ。 カオスこそが。 最大の武器。 混沌としたエネルギーこそが。 未来を作るのです。

続きを読む

あと2勝!!

苦手な。 碧山に。 勝ちました。 8割がた。 負ける気がしたが。 良かった、良かった。 とにかく。 あと2勝!! ライブ終って。 負けニュース。 聞きたくないぞ。 あるからね、それ。 稀勢の里ファンは。 常に半信半疑でございます。 まぁ。 それがいいんだけどね。 なぜか。

続きを読む

名勝負数え唄 その7

告知です。 名勝負数え唄その7 http://msv.moairecord.com/ 開催日:2016年3月26日(土) ところ:Live & Entertaiment BiS 上越市仲町3-9-18 STプラザ5F http://www.bisbisbisbis.com 入場料:500円(前売当日共通) 別途ドリンク代500円 (合わせてもたった千円!!) OPEN 16:30 17:00 ~ Bruce Reid and Billy's Banquet 17:45 ~ STEELDRIVER 18:30 ~ Scary Scream 19:15 ~ Flame Garden 20:00 ~ BIRTHMARK 20:55 ~ chinatsu & bluewindows 時間は。 あくまで。 予定ですね。 お早目のご来場を。 お願いします。 ちょうど。 スティールの。 演奏時間帯が…。 その日その瞬間まで。 優勝を争って。 いてほしい。 STEELDRIVER http://steeldriver.moairecord.com/

続きを読む

THE ASTONISHING

長い…。 ドリームシアターの。 新作を聞いたが。 どこからどこまでが。 一曲だか。 よーわからない。 おっ! という部分も。 かなりあるのだが。 そこが何曲目だか。 ながら作業してると。 把握できない。 しかも。 輸入盤に。 してしまったので。 なんのことやら…。 絵だけ見たら。 戦争もんかな。 近未来の。 彼らの。 集約能力が。 長けていたら。 もうワンランク上の。 バンドになる気がする。 結局。 おっ! と立ち止まるところは。 シンプルなメロディ。 シンプルな展開。 だったりするもん。

続きを読む

ヒノカミ、ヤマノカミ

3月11日。 横綱、白鵬の。 バースディですね。 しかし。 おめでとうとは。 言いにくい。 あれから5年…。 これから5年。 一日一日。 刹那に生きる。 時間は待ってくれない。 追い越すのみ。 アテルイ2連発。 まずは秋田!! そして仙台!!

続きを読む

34曲

バーン誌の。 表紙が。 ラブリエ一人なのは。 驚いた。 しかも。 怖い顔…。 新作が。 34曲入り。 というのも。 まぁ、すごいねぇ。 やりたい放題。 楽しんでますなぁ。 こも何作か。 全米チャートの。 ベスト10入りしてるのにも。 驚いた。 マニアしか買わない。 しかし。 絶対購買層がある。 なら。 好きかってやっても。 買うだろう。 の方程式ですな。 久々買うか!!

続きを読む

超先行発売

上越の爆撃王。 バースマークの。 新作が届きました。 全国CDショップおよび。 ネットショップでの発売は。 6月25日です。 が。 超先行発売として。 既に今日から。 ヤフーモアイ店で。 販売開始しました。 http://store.shopping.yahoo.co.jp/moairecord/ 掟破りではありますが(汗 まぁ良いでしょう。 気持ちはわかるのです。 一刻も早く、多くの人に。 聞いてもらいたい。 金じゃないんだよね。 こういうのって。 土埃の香りと。 暗闇への疾走感。 時々かすかに灯る。 生への惜別。 みなさんを。 バースマークワールドへ。 ご招待しましょう。

続きを読む

土俵

上越の。 バースマークの。 新作が。 もうすぐ。 完成いたします。 モアイで。 流通を担当。 するのですが。 ネットショップ及び。 店舗発売日を。 6月25日に。 設定いたしました。 だいたい。 完成品が。 手元に届いてから。 最低三ヶ月は欲しい。 問屋さんから。 CDショップや。 出版関係。 音源試聴登録会社。 などに。 発売日が行き渡るまで。 約1ヶ月。 問屋さんに。 情報を送る前に。 ライブ、メディアなど。 プロモーション活動が。 どのくらい出来るか? などを。 ある程度決めてから。 発信した方が。 より効果があります。 それには。 やはり数ヶ月必要。 こちらの。 第一の客は。 CDショップのバイヤーさん。 バイヤーさんが。 オーダーしたくなるような。 バンドプロフィール。 キャッチコピーや。 フライヤーなどがあると。 効果的です。 CDプレスしても。 手売りだけとか。 アマゾンだけとか。 結構います。 ただ店舗流通になると。 メジャーマイナー問わず。 同じ土俵に上がり。 同じ批評にさらされる。 怖いようですが。 当たり前でもあり。 アーティストしての。 夢がありもします。 新潟から世界へ!です。 BIRTHMARK。 QUALITY OF MADNESS。 いかなる風が吹くか。 いや。 吹かせてみせよう。 …

続きを読む

FLAME GARDEN

3月22日の。 名勝負数え唄。 http://msv.moairecord.com/ 出演バンドは。 BIRTHMARK STEELDRIVER ZETTON の他に。 スペシャルゲスト。 扱いになるのかなぁ。 上越のエディ在する。 FLAME GARDEN のステージが。 決定しました! http://metal-samurai.net/fg/menu.html 時間は。 短いそうですが。 楽しみですね~。 他に。 ノールール枠で。 バンド出演が。 あるかも知れません。 中身を聞いたら。 とても楽しみな企画です。 決まり次第。 お伝えします!

続きを読む

unbroken

DEMONの新譜。 良いですね~。 適度に湿って。 適度にメロディアス。 これぞ。 英国式鋼鉄音楽。 今回は。 メンバーが。 若返ったのか。 元気いいです。 なにげに。 全アルバムもってるな。 俺って。 マニア? http://youtu.be/FtR7OyVehhs

続きを読む

総帥あきらめる

新聞に。 あきらめる健康法。 と言う本が。 宣伝してあった。 本屋に行ったが。 見つからなかったので。 憶測で考えると。 切り替え。 でしょうか? 朝起きて。 雨が降ってたら。 よし!今日は休み! これですか? 違うかな。 でも。 あきらめる。 と言う言葉は。 好きですね。 昨日の。 MDが取れなくなった件でも。 途中であきらめて。 鉄ハンマーで。 叩き壊そうと。 思いましたよ。 これですか? あきらめるとは。 違うかな。 うん。 暴力はいかんね。 マラソンしてると。 あきらめる事多いですよ。 目標にしてるタイムとか。 あきらめた時。 関門に引っかかり。 レースが。 強制終了した時など。 けっこう。 気持ちいいんだな。 あきらめた時って。 でもすぐに。 めらめらと。 悔しさと。 闘志が。 燃え上がってくる。 あきらめるけど。 あきらめない。 よくわかんないね。 一回。 からっぽにする。 と言う事も。 必要なのかもね。 常に。 次はあるのだから。 生きてる限り。 続いているのだから。 曲は。 あきらめる。 93年Z-1です。 http://youtu.be/Ssq5MVdiOmc 愛は希望を失う。 とか言ってるね。 この後ろ向きな感じ。 すばらしい~!

続きを読む

Waiting in the dark

今日は14日。 明日は15日。 もう半分だ! ほんと。 雨との戦い。 日暮れとの戦い。 残された。 時間との戦いです。 昔は。 すぐ暗くなる。 冬は好きだったが。 今は。 白夜でも良いと。 思うようになった。 お客さんには。 お待ちいただいて。 申し訳なく思います。 そう言えば。 世田谷の。 末永師匠は。 庭にライトを灯して。 遅くまで。 仕事してたなぁ。 末永師匠の生家は。 福島の山奥にあって。 子供の頃。 電気がなくて。 ランプで生活してた。 らしいから。 夜目が利くのだろう。 僕には。 ちょっと。 無理なレベルです。 http://youtu.be/W_jHDzQTPB0

続きを読む

台風30号

フィリピンでの。 台風30号で。 被災された方々には。 心から。 お見舞い申し上げます。 しかしほんと。 自然災害多いなぁ。 ベースのところは。 人災なのかねぇ? 人は。 自然を征服しようと。 思った時に。 すでに。 破滅へのカウントダウンが。 始まっているのです。 http://youtu.be/iYzUIKnGVvk

続きを読む

ミラーミラー

雨のせいか。 手製脚立に。 しっぽりと水分が。 含まれ。 雨のせいか。 気持ちに。 油断があったのか。 焦りが。 あったのか。 脚立を。 降ろす時。 軽トラの。 サイドミラーを。 脚立落しで。 破壊してしまった。 まぁ。 僕の代わりに。 犠牲になったと。 これで。 厄払いだ。 と強引に思い込み。 無事に。 仕事を終える事が。 出来ました。 ミラーさん。 ありがとう。 帰り道に。 あなたの大切さが。 充分わかりました。 こわー! http://youtu.be/uzoyTVl8IrQ デフレパと言えば。 これが入ってる。 High 'N' Dryが。 個人的ベストです。 で。 もう一丁。 ミラーミラー。 http://youtu.be/bYdd4fMtW_A こういう曲を。 名曲と。 と呼ぶのでしょう。

続きを読む

夢の途中

あまちゃんが。 終わってしまうなぁ…。 寂しいなぁ。 昨日は。 半沢最終回を。 見ましたが。 CMが多過ぎる。 人気があるから。 最後に。 かき集めたのだろうか? やられたら。 倍返しって。 あんまり。 よくないよね。 何か。 戦争する時の。 アメリカっぽいね。 あまちゃんで。 薬師丸に。 夢の途中を。 歌って欲しいなぁ。 さよならは。 別れの言葉じゃなくて。 再び逢うまでの。 遠い約束。 今更ながら。 良い歌詞だ。 画像は。 こないだの。 名勝負での。 スティールドライバー。 いからし君。 ミスター昭和と。 呼ばれてるが。 新たに。 ミスターセピアと。 名付けよう。 カラー映像を。 これだけ黄昏れて。 セピア色のように。 見せる男は。 彼の他。 僕は知らない。

続きを読む

リアルソルジャー

4月の前半でしたか。 現庭チラシ2013を。 折り込んでもらったのは。 いまだに。 問い合わせが。 あります。 ありがたい事です。 みなさん。 キープしてくれてる。 チラシの出来が。 いまいちだったので。 もう新しいデータを。 用意してるのだが。 いつまこうか? 今でしょ! じゃないわい。 ちょっと。 静観ですかな。 追いつかなくて。 迷惑をかけては。 いかんのですが。 忙しい時に。 先の手を打つのが。 荒波を乗り切る術。 いつまこうか。 予定をたてるのは? 今でしょ。 上越の。 名勝負数え唄。 次は3月を予定。 こないだのライブで。 いろいろ。 見えて来た。 僕にとって。 閃めくという事は。 そこの空気が。 ピュアな証拠です。

続きを読む

シルバーソルジャーズ

おそらく。 上越の爆撃機。 バースマークは。 日本一の。 おひねりをもらう。 メタルバンドであろう。 敬老の日前日に。 ふさわしく。 シルバーソルジャーズが。 10人前後来店。 バースマークの演奏時。 次から次へと。 おひねりを持った。 ソルジャー達が。 ステージに押し寄せる。 メタルとおひねり。 メタルは金なり。 演奏中も。 踊ってるのか。 よくわからない動きで。 ノリノリでしたね。 その前に演奏した。 スティールドライバーにも。 おひねりは無かったものの。 あたたかい声援を。 いただきました。 あの世代の人たちへの。 武器は。 ハイトーンシャウトですね。 たぶん。 楽器類は。 どんなに。 テクニックを。 披露しても。 なにをやってるか。 わからんでしょう。 それより。 一発の叫びが。 わかりやすい。 にしても。 今回最前で。 バースマークの。 演奏を堪能したのだが。 愛をこめて。 これぞB級メタル! と言いたいですね。 自分が好きだった。 ヨーロッパの方の。 メタルバンドを。 思い出します。 富士宮焼きそばですよ。 にわかB級グルメには。 出来ない味。 新譜を。 楽しみに。 待ちましょう。

続きを読む